福岡の名店 リストランテ フォンタナ
料理長YUKI OGAWA present

line_oa_chat_210718_114841.jpg

彼が料理人をめざしたのは、「ふわとろオムレツ」がきっかけだったのだそう。
卵が真ん中からサイドにひらく瞬間、一度は誰もが心躍らせたのではないだろうか。
小川少年もその一人だった。

若い時より抜群のセンスを持ち、21歳にして一流ホテルのメインを担当。
順風満帆だった彼は、あるコンテストに出場したことで、
世界の広さを痛感し、これまでの輝かしい経歴を置き単身上京。
あえてもう一度一からの修行の道を選んだのだった。
 
料理のジャンルにとらわれることなく、
又、一切の報酬を受け取ることなく、料理人の元で修行の傍ら自ら魚屋に出向き魚をさばく、
パティシエに付いては、ひたすらに粉をふるだけの日々。
寝る間を惜しみ、人が休む間にどれだけ見えない努力ができるのかを自分に課せ、
どんなに厳しい環境でも、ひたすらに精進し続けた。

「なんでもできる」それが彼のモット-だった。

そんな彼がたどりついたジャンルは真心だった。
なるほど、小川の料理には素材とは別の、
レシピには書くことができない味がそこにあるのだ。
このコロナ化の中、少しでも役に立てればと、
本サイトのメニュ-の全レシピを考案・監修し、惜しげもなく技と心をつくす。
地産地消にこだわり、素材がきちんと余すことなく、
また素材一つ一つに耳を傾け、その素材の持つ魅力を最大限引き出す。
小川の心なくてはできない技だ。
なぜ、こんなにも彼の料理は人々を魅了するのだろう。
それは彼が、食を通して、一人でも多くの人の口福を願っているにほかならない。
どうぞ、YOUKI・OGAWA present 『美・シリーズ』をお楽しみください。

 
 

有機ひなた農園

line_oa_chat_210718_174002.jpg

祖父母の時代から農業を営み、両親は専業農家でしたが、
口に入れるものは安全なものをという教えが幼い頃から根付いていました。
周りの薦めで農業大学校に進み、
卒業してからも食べるものは高価なものより安全なものを選んでいました。

少し勉強するとわかるのですが、安全って本当に大変で希少なのです。
だから、自分で作ろうと。

人間と同じで土づくり(土台)を丁寧にしっかり行えば大丈夫という事にも
気が付けました。
ですから、果樹は、自然循環農法で、
野菜は草木農法にこだわり農薬は絶対に使用しません。
化学肥料も絶対に。

今回フォンタナ料理長小川さんは、
こだわった素材に合うレシピを考案してくれました。

農業をやって、心の底から感激しました。
皆様にも、是非ご賞味頂ければこんなに嬉しいことはありません。